福岡大学 知的財産センター

ホーム > 知的財産について > 大学における知財創出

知的財産について

大学における知財創出

 

 人口減少社会に突入した我が国においては、絶え間ない創意と工夫がもたらす連続的イノベーションの創出による高度知識基盤社会化は必須であり、その為に知の創造と優れた人材育成の中心である大学の果たすべき責務は益々大きくなっています。

 

 これまで福岡大学は、西日本最大規模を誇る総合私立大学である強みを生かして生み出してきた発明、成果有体物、独自技術そして著作物など様々な研究成果を積極的に世の中に発信して参りました。さらに今は、このような大学職員と学生の努力の積み重ねによって得られたこれら成果を知的財産という形で確実に社会に還元すべく、着実に特許出願数を増やしてきました。これからも引き続き出願数を増やしていくと同時に、次のステップとして如何に研究成果をより効果的に社会還元出来るかに焦点を当てた特許権利化と取得した知的財産の管理運用、そしてその為の組織作りが重要な課題となります。

 

 大学における知的財産戦略のプラットフォームとして、教育研究はもとより事業化を見据えた戦略的知財創出のための大学独自研究の更なる活性化を支援し、地元産業を中心とした産学連携による活力ある地域社会づくりに貢献することが知的財産センターの最重要課題と考え実践して参ります。

 

 

福岡大学 知的財産センター