福岡大学 知的財産センター

ホーム > 特許について > 発明から出願までの流れ

特許について

発明から出願までの流れ

先行技術調査

発明者

発明が生まれた段階でJ-PlatPat(特許情報プラットフォーム)を利用し先行技術調査をして下さい。先行技術を回避して発明を完成して下さい。

 

発明相談

発明者

発明届に仮記入し(所属長印不要)知財センターに相談下さい。

発明届(様式第1号):Word

 

発明のヒヤリング

知財センター

知財専門家が発明者に対し発明内容等を確認します。

 

発明届け

発明者

発明ヒヤリングの内容を踏まえて発明届を正式に仕上げ、知財センターに提出下さい。

 

発明審査

知財センター

発明審査委員会で大学が承継するか否か等審査します。

 

譲渡証書提出

発明者

大学承継の場合は譲渡証書を知財センターに提出下さい。

譲渡証書(様式第2号):Word

知的財産譲渡等に関する承諾書(様式第2号の2):Word

※発明者が学生の場合には知的財産譲渡等に関する承諾書(様式第2号の2)を発明届と同時に提出してください。

 

明細書案の作成

発明者

案を仕上げて下さい。

詳しくは、「特許明細書の書き方」を参照ください。

 

明細書の完成

知財センター

知財センターから代理人等に明細書作成を依頼します。

 

出願手続き

知財センター

手続き書面を準備し特許庁に出願します。

 

福岡大学 知的財産センター