福岡大学 知的財産センター

ホーム > 特許について > 出願から登録までの流れ

特許について

出願から登録までの流れ

出願公開

特許庁

出願から1年6ヶ月後、発明が公開公報で公開されます。

参考:公開公報の例(PDF 93KB)

 

審査請求

発明者

出願後3年以内に発明の審査を特許庁に請求します。

 

出願審査

特許庁

特許庁で書式や特許性の審査が行われます。

 

拒絶理由通知・査定

特許庁

発明が特許すべきものでないときは拒絶理由通知が届きます。

参考:[特許庁] 拒絶理由通知に対する応答について(PDF 676KB)

 

補正・意見(必要時)

発明者
発明者

必要に応じて意見書・補正書等を作成してください。クリアできない場合は拒絶査定となり、特許されません。

 

特許査定

特許庁

発明が特許すべきものであるときは特許査定通知が届きます。

 

特許登録

特許庁

登録となり特許番号が付与され、特許公報が発行されます。

参考:特許公報の例(PDF 124KB)

 

福岡大学 知的財産センター