福岡大学 教育研究推進部 産学官連携センター

  • サイトマップ
  • アクセス
  • お問い合わせ

HOME > センター紹介

センター紹介

ご挨拶


産学官連携センター長
太郎丸 眞
(工学部電子情報工学科 教授)

 2019年初頭から始まったCOVID-19感染症のパンデミック(いわゆるコロナ禍)は、社会のあらゆる分野と階層に大きな影響を及ぼしています。このコロナ禍に対し我々人間は、治療法やワクチン・治療薬の開発を筆頭に、感染状況把握のための確率・統計モデル解析、感染機会を減らすためのリモート勤務や遠隔授業の導入、緊急事態宣言等の社会・経済活動の制限と根拠法令の整備など、懸命な対応を行ってきました。そこでは医学、薬学、理工学、健康科学、人文科学、経済学、商学、法学等の多岐にわたる学術分野の知見が活用され、学術研究とその迅速かつ円滑な社会実装の重要性が改めて認識されています。そしてこれらの分野は、いずれも福岡大学が擁する全学部に密接に関わる分野です。

 福岡大学は「福岡大学ビジョン2014-2023」の中で、「時代の要請や社会のニーズに対応した教育・研究・医療の提供」「先進的な高度な研究活動の遂行」「福岡を中心とする地域の活性化と発展の促進」等を重点項目としています。その具体的取り組みとして、大学教育による人材育成や医療提供、研究成果の公開だけでなく、産学官連携による研究推進や地域貢献、社会貢献を掲げています。

 これらのビジョンを踏まえ、私ども産学官連携センターは平成18年の発足以来、本学における産学官連携研究をサポートしてきました。今後も本学が擁する9学部から創出される人文・社会科学系、理工系、医療系、スポーツ・健康科学系の幅広い研究ポテンシャルを社会に活かすべく、皆様と福大を結ぶ研究連携の総合窓口として活動を進めていきます。
 具体的活動としては、「企業・法人等からの技術相談への対応」「企業・公的機関等と学内研究者との橋渡し」「学内外における本学研究の発表、展示紹介」等を行っています。これらを推進するために、理工系・医療系の専門の産学官連携コーディネーターを配置すると共に、特許等知的財産の活用等を促進するために、本学知的財産センターとも連携しています。

 企業・法人の皆様からのご相談、ご訪問を歓迎いたします。本学との産学官連携により、大学の知と術が皆様の活動を通じ、社会に花開くことを切に望んでいます。

活動目的

 大学は教育と研究を基本使命としていますが、現在第三の使命として、教育研究活動の成果として創出された知的財産を、産業界や公的機関との連携により活用し、産業の発展に寄与することを通して、社会の発展に貢献することが強く求められています。

 本センターは、この社会的責務を果たすために、教育研究基本理念に基づき、産学官連携活動を主体的に推進するために設置されました。

産学官推進体制

福岡大学 産学官連携センター
福岡大学 産学官連携センター
〒814-0180 福岡市城南区七隈八丁目19-1 文系センター高層棟4階
電話:092-871-6631(内線 2832〜2835) FAX:092-866-2308
E-mail:sanchi@adm.fukuoka-u.ac.jp
Copyright © 2012 Fukuoka University. All Rights Reserved.