福岡大学 教育研究推進部 産学官連携センター

  • サイトマップ
  • アクセス
  • お問い合わせ

HOME > 福岡大学研究シーズクローズアップ vol.003

福岡大学研究シーズクローズアップ

バックナンバー

福岡大学研究シーズクローズアップ vol.003 廃ガラスリサイクル製品の開発 工学部建築学科 椎葉大和 教授

2012.08.22 up

 色つきガラスビンは再生使用が難しく、リサイクルが進んでいないのが現状です。本学工学部建築学科椎葉研究室では、このような廃ガラスで製造した廃ガラス発泡体の建設資材への有効利用の研究開発を行っています。
 色つきガラスビンなどの廃ガラスを焼成・発泡して製造した廃ガラス発泡体は、比重が0.3〜1.2程度と軽量で多孔質であるため、保水性・保温性・通気性・通水性・吸水性などに優れています。また、ポーラスコンクリートとして使用した場合は、従来のポーラスコンクリートに比べ、2〜10N/mm2程度の圧縮強度が得られます。こうした廃ガラス発泡体の保水性とポーラスコンクリートの排水性を生かして、屋上緑化植栽基盤や雨水浸透枡・雨水浸透トレンチなどへの利用が期待されています
 2012年6月、北九州市にて開催された「第52回西日本総合機械展」(公益財団法人西日本産業貿易コンベンション協会 主催)に出展し、その有用性を広くアピールしました。



福岡大学 産学官連携センター
〒814-0180 福岡市城南区七隈八丁目19-1 文系センター高層棟4階
電話:092-871-6631(内線 2832〜2835) FAX:092-866-2308
E-mail:sanchi@adm.fukuoka-u.ac.jp
Copyright © 2012 Fukuoka University. All Rights Reserved.