福岡大学 教育研究推進部 産学官連携センター

  • サイトマップ
  • アクセス
  • お問い合わせ

HOME > イベント・セミナー>【出展報告】「課題解決EXPO2022 〜ベンチャー・メッセ2022」

【出展報告】「課題解決EXPO2022 〜ベンチャー・メッセ2022」

 7月6日〜8日までの3日間、北九州市 西日本総合展示場で開催された「課題解決EXPO2022 〜ベンチャー・メッセ2022」に、本学から出展した内容をご紹介します。(展示ブースに掲示したポスターは、をクリックするとご覧になれます。)
 3日間の入場者数は13,749人(主催者発表)、本学ブースには企業関係者など延べ80人近くの方が来場されました。オンラインだけでは得られない対面での説明や質問への対応を通して、多くの方に研究内容をお伝えできました。ご来場の皆様には厚くお礼申し上げます。
熊丸准教授
 
北九州産学連携推進室・資環研のブース


工学部 ものづくりセンター
熊丸 憲男 准教授
「平面材料から製作したアジャストフェイスシールド」  

看護師の意見を反映して製作したフェイスシールドを紹介しました。現場の医療スタッフとのフィードバックと改良を繰り返し、要求された機能をすべて盛り込んでおり、頭回り、顔幅、フェイス面の角度が調整できます。量産するために作りやすい構造を採用し、平面材料のみをカットして立体的に組み上げる手法で大量生産が可能です。


北九州産学連携推進室、資源循環・環境制御システム研究所
為田 一雄 准教授
「資源循環・環境制御システム研究所の紹介」
「産学連携研究事例」
「為田研究室の紹介」
「環境試料の臭気指数測定におけるベルヌーイ試行明白率の試算」
「無隔膜電解法による副生塩リサイクル」
「BPDF法による副生塩リサイクル」
「グリセリン廃液精製物の有効利用」

北九州産学連携推進室担当の為田研究室では、「最終処分場研究」を中心に「廃棄物管理のトータルシステム」「環境修復」「未利用資源リサイクル」の研究を産学連携により行っています。
日本の廃棄物の最終処分場の標準となっている準好気性埋立構造は福岡大学が開発したものです。その後の問題の変化に対応するため、資源循環・環境制御システム研究所(資環研)では、「副生塩のリサイクル」「グリセリン廃液の有効利用」などの資源循環分野の研究と「最終処分場の早期安定化」などの環境制御分野の研究を行っています。

福岡大学 産学官連携センター
〒814-0180 福岡市城南区七隈八丁目19-1 文系センター高層棟4階
電話:092-871-6631(内線 2832〜2835) FAX:092-866-2308
E-mail:sanchi@adm.fukuoka-u.ac.jp
Copyright © 2012 Fukuoka University. All Rights Reserved.